« 米を蒸すという行為、精米すると言う行為。 | トップページ | ランチの御品書きを考える。 »

2010年1月16日 (土)

古代米で酒造り

耳の凍傷が酷くて、ニット帽をかぶる様になったけど、ニット帽の色がベージュだから、社長の奥さんに、病人と呼ばれる始末。ウエキです。

古代米の酒母を仕込みました。

Imgp0695

おひつにご飯ではありません。

古代米で酒造りと言っても、酒母はオール山田錦なんで、普段造っている酒と大差ありません。

しかし、約一週間後ぐらいに、古代米で麹を造らなければいけないんで、多分一週間後に僕は、かなりてこずっていると思います。

てこずる僕が見たければ、一週間後にお越し下さい。

Imgp0693

題 米を蒸している様子を写す考古博の方のカメラを食い入るように見つめる人々

|

« 米を蒸すという行為、精米すると言う行為。 | トップページ | ランチの御品書きを考える。 »

蔵のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047776/33006173

この記事へのトラックバック一覧です: 古代米で酒造り:

« 米を蒸すという行為、精米すると言う行為。 | トップページ | ランチの御品書きを考える。 »